注文住宅で選べる構造

注文住宅で選べる構造

注文住宅と言えば一般的には木造在来工法をイメージしますが、住む人が自由に設計して新築する住宅は全て注文住宅となります。

構造の種類によらず注文設計で新築する物件は全て該当することになるため、木造在来工法以外でも注文設計が可能です。



鉄骨造や軽量鉄骨造、鉄筋コンクリート造、ツーバイフォー工法などが戸建て住宅で選ばれている構造ですが、軽量鉄骨造にはハウスメーカーが独自に開発した工法を採用しているものもあります。



構造により特徴が異なりますので、どの構造が注文住宅に適しているかは簡単には判断できないと言えます。



低予算で注文設計を実現したい場合には木造在来工法が最適ですし、強度の高さを重視すれば鉄筋コンクリート造が最適です。防火地域では建築できる構造が限られますが、防火地域では木造で新築することは難しいため木造を希望してもできない場合があります。予算によっても異なりますし地域によっても異なりますが、間取りプランによっても異なります。
柱や間仕切り壁のない大空間を作りたい場合、木造では一間ごとに柱を配置するのが基本ですから限界が出てきます。



軽量鉄骨造にしたり木造では梁を太くしたり補強の鉄骨を入れることも必要です。



構造によって特徴が異なりますが、注文住宅には特に構造の制限はありませんので、自由に選ぶことができます。



予算や間取りプランによって最適な構造は変わりますし、防火地域など場所によっても選べる構造が異なります。


    関連リンク

    • 注文住宅は土地を探す事に力を入れたい

      注文住宅を建てると言っても土地がなければ家は建てることが出来ません。何気に一番難しいことは土地探しです。...

      detail
    • 注文住宅に適した耐震工法

      地震に強いことが一般住宅にも求められるようになっていますが、一戸建て住宅であれば採用できる耐震工法が限られてきます。耐震工法には色々なものがありますが、鉄筋コンクリート造のような強固な構造を耐震構造と言い、耐震工法とは別の意味で耐震性能に優れています。...

      detail